一般施術内容

施術の流れ
STEP1
問診
いつ、どこで、どのような状況で受傷されたのかを簡単にうかがいます。また、問診表や、整形テスト、触診などを行います。
STEP2
施術
手技療法、電気療法、温冷療法、超音波療法などにより患者様一人一人に合わせた、治療を行います。また、日常生活で心掛けることなどをご説明し、しっかりとサポートします。疑問・質問・不安なことがあればお気軽にお尋ねください。
STEP3
施術後
定期的に通院が必要な方には、どの程度通えばいいのかなど、今後の見通しをわかりやすく説明します。
主な施術内容
CASE1 ぎっくり腰
CASE1 ぎっくり腰
急に重いものを持ったり、力を入れたときに受傷される方が多く、背中をまっすぐ伸ばすのが困難で、前傾姿勢での歩行しかできなくなってしまいます。痛めた直後は少ししか痛みが無かったのに、翌日になってから急激に痛くなる場合もあります。

状態によって対応していきますが、治療法として、炎症がひどく痛みが強い状態のときはアイシングと微弱電流(細胞に働きかける電気)治療、レーザー治療、回復レベルに応じて中周波・低周波治療、ストレッチ、リハビリ指導を行います。
CASE2 寝違え
CASE2 寝違え
長時間一定の同じ姿勢をした場合に起こる事があり、首、肩周辺に痛みが走り、ひどい時は動かすのも困難な場合があります。

治療する際に痛みの程度、可動域の計測、痺れの有無を調べるために徒手検査法と呼ばれるテストをします。

治療法としては、急性期の炎症の強い場合、アイシングと微弱電流(細胞に働きかける電気)治療を併用し、症状によってはレーザー治療、高周波治療を施します。症状の回復レベルに応じて、低周波治療、超音波治療、ストレッチ、リハビリ指導をすることにより痛み改善のお手伝いをさせていきます。
CASE3 膝関節捻挫
CASE3 膝関節捻挫
急な動作で膝に力をかけ痛くなってしまい、症状として階段の昇り降りや正座、イスから立ち上がるときに強い痛みが見られます。徒手検査等(稼動域検査等)を行ってから物理療法と手技療法を施し、痛み改善のお手伝いをしていきます。
CASE4 足関節捻挫
CASE4 足関節捻挫
足首を捻ってしまうことにより発生し、足首を固定している靭帯や筋肉が炎症を起こしてしまい、重度のものになると腫れがひどくなり歩行が困難になります。治療段階としては検査を行い、アイシングと物理療法を施し、患者様の生活状況に応じてテーピング固定やプラスチック素材による固定を行います。
CASE5 交通事故(むち打ち症)・労災
CASE5 交通事故(むち打ち症)・労災
交通事故の施術をお受けになりたい場合は、当院にご来院又はご連絡ください。初めに事故の経緯・症状・経過をお聞きした上で、お一人お一人に合わせた施術方法をご説明致します。
交通事故(むち打ち症)・労災の保険について
【交通事故】
自賠責保険、任意保険があり、事故による外傷、障害に対して適応になります。